有限会社日置住建│鹿児島県で住宅に関するお困りごとなら

〜住宅性能が暮らしを支える〜

ご依頼・ご質問はこちらから
0993-57-3222

お問い合わせ

Travel Tips豆知識

Travel Tips豆知識

~家にとってのパッシブとアクティブ~

窓から風や光が入ってくる...パッシブです。
照明をつけて部屋が明るくなる...アクティブです。
家の壁や屋根、ひさしで影ができる...パッシブです。
エアコンの電源を入れて部屋を冷やす、温める...アクティブです。
部屋内の温度差で気流が生まれる...パッシブです。
料理で火を使う...アクティブです。

言ってしまえば家作りで大事なのはまずここを考えることです。
大げさに言えば、夜に使用頻度が多い寝室や用を済ませるトイレなどを真南に計画して
失敗するようなことがあってはいけないのです。

家作りではこのような知識が至る場面で必要になってきます。

まずはパッシブファーストです。


~あなたの選択~

住宅は機能性を求めると価格が高くなって、やはり手を出すのは難しい...
たいていの方がそう思うのではないでしょうか。
しかし長い目で見ると実際は機能で選んだほうがかかる費用を抑えることができるんです。

光熱費・メンテナンス費・保険料・医療費・快適性・・・

初期費用はかかるけれども快適で低負担の暮らしができる家

初期費用はかかるけれども快適で低負担の暮らしができる家。

初期費用は抑えられるが後々大きな負担を背負い続ける家

初期費用は抑えられるが後々大きな負担を背負い続ける家。


一生寄り添っていく家。
お決めになる前に、少し勉強していきませんか?

住宅性能がセカンドです。


~エコ住宅に興味を持とう~
新築を考えている方、興味のある方はぜひ参考にしてください。


〇ZEH(ゼッチ)~ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス~ とは

ZEH(ゼッチ)とは、「外皮の断熱性能等を大幅に向上させ数値で表すとともに、高効率な設備システムの導入により、
室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、
年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅」です。
参照:経済産業省資源エネルギー庁


分かりやすく説明すると、ZEH(ゼッチ)住宅とは冷暖房なしで夏が涼しく、冬に暖かい家なのです。
さらには冷暖房にかかるエネルギーの削減によってエコで、太陽光発電による再生可能エネルギーの導入で
光熱費を限りなくゼロに近づけられる仕組みとなっております。夢のような暮らしですよね。

けれどもヨーロッパをはじめ多くの国々では超えるべき基準値※ が義務付けられており、
多くの住宅でZEH(ゼッチ)仕様が当たり前となっています。
身近な国では中国や韓国でも取り入れられており、その普及率に日本はなんと足元にも及んでいない状態なのです。
※UA値...どれだけ家で温まった熱が外に逃げないか/外の寒気が内に入らないかの値。(値が低いほど良い)

それはなぜなのか。実は日本では基準値の設定が義務付けされておらず、住宅が安売りできるからなのです。
「格安〇〇万円で建てられる家」のように、日本では新築住宅を価格でアピールすることが多い風潮があります。
それによりZEH(ゼッチ)からかけ離れた日本特有のスカスカな住宅が増えることになるのです。


〇ZEH(ゼッチ)のメリットとは

ZEH(ゼッチ)住宅のメリットは大きく5つあります。

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

1.夏は涼しく、真冬でも無暖房で暖かく暮らせる家
まず、快適で健康的な生活を送るうえで必要になってくるのが、「断熱」「気密」「換気」の3つの要素になります。外の熱を伝わりにくくする断熱性、家の中の熱を逃がさない気密性、そして適度に新鮮な空気を取り入れる換気。
これにより、冬は寒さを遮って室内が暖かく、夏は暑さを遮って室内が涼しく快適に過ごすことができます。
しかしこれらの要素はどれか一つでも欠けていると意味をなさないのです。

例えば、断熱材を使用した水筒があります(断熱)。蓋をしっかり閉じていれば中身の温度は保たれますが(気密)、蓋を開けてしまうと中身は冷めてしまいます。
いくら断熱がしっかりしていても、気密が欠けてしまえば効果をなさないのです。
このように、「断熱」「気密」「換気」はいづれかの要素一つでも欠けたら機能せず、そこを克服しているのがZEH(ゼッチ)となります。

2.住宅が長寿命
世界の住宅寿命
日本25年
ドイツ90年
フランス95年
アメリカ103年
イギリス141年

※(財)日本建築学会

「断熱」「気密」「換気」が欠けることなくしっかりしていることで、気密の欠陥での壁内結露などによるカビの発生、それに従って起こりえるダニ、木材の腐れを防ぐことができます。実際にZEH(ゼッチ)の普及していない日本の住宅寿命は世界最低レベルです。

日本では、住宅は新築してから年数が経つにつれて資産価値が落ちていくという考え方が当たり前となっています。
しかし、高気密・高断熱の高性能住宅ZEH(ゼッチ)は50年後も家の性能は変わらず、逆にその機能性が評価され、10年後の価値は下がるどころか上がっています。

新築時価格10年後取引価格
カナダ1600万円1800万円
アメリカ2200万円2800万円
日本2300万円230万円

※ブリティッシュコロンビア大学 資料


古くなっていく家というのは今や世界では珍しいのです。
ZEH(ゼッチ)は将来建て替える必要のない家として、資産価値を維持します。


3.健康が維持でき医療費も抑えられる

これまでの日本の一般的な住宅で起こった健康被害は以下の通りです。

  • 心疾患(心筋梗塞)
  • 脳血管疾患(脳卒中)
  • 呼吸器疾患
  • 高血圧
  • 糖尿病
  • ぜんそく
  • アトピー
  • 手足の冷え など

寒い家に住む人は暖かい家に住む人と比べて...

  • 脳卒中や心筋梗塞で亡くなるリスク 7倍
  • 高血圧になるリスク 6~7倍
  • 糖尿病になるリスク 5倍

驚きですよね。
ですが皆様もこんな経験あるのではないでしょうか?

冬に家の中で寒さを我慢し上着を着こんで耐え忍んでいる。
寝室、廊下、トイレなど部屋によって温度差が激しい。
夏に室温が30℃以上になり、熱中症にならないか心配。

特に冬の寒さは人体に様々な悪影響を及ぼす凶器となります。
急激な温度変化は血圧の乱高下や脈拍の変動などを引き起こすので、お年寄りや子供は特に危険です(ヒートショック現象)。
室温は脳の若さにも影響するといわれている程重要で、健康で快適な生活を送るうえで最も大事になってくる部分なのです。
なにより高性能住宅では朝の目覚めが良く、集中持続力も向上するのでよりアクティブな暮らしを楽しめます。


鹿児島県の現状は...
北海道大学の資料によると、「冬の寒さと3疾患死亡率の関係の高い都道府県」において鹿児島県は、

心疾患全国7位
脳血管疾患全国3位
呼吸器疾患全国1位

という驚愕なデータがあります。
鹿児島の皆さんは上記のような体験が特に多いのではないでしょうか。

私たち日置住建は地元の住建会社としてこの課題に取り組むべく、お客様にきちんと家の機能性を説明して参りますので、皆様も住宅に興味を持っていただけたら幸いです。


4.最高の省エネ住宅により光熱費削減
夏場や冬場にかかる冷暖房コストに悩まれる方は多いのではないでしょうか。
ZEH(ゼッチ)ではそれらの費用を抑えることができ、さらには太陽光発電で創ったエネルギーをあてることができるので、光熱費を限りなくゼロに近づけることが可能なのです。
なにより消費エネルギーの削減にもなるので、社会での評価が大きいです。

5.地球環境にやさしい
ZEH(ゼッチ)はエネルギーの消費を大きく削減できることから、地球上の温室効果ガスを削減し、地球温暖化対策に貢献することができます。
また、現在日本の原子力発電はほとんど停止しており、深刻なエネルギー不足問題に直面しております。国としてエネルギーをできるだけ使わずにすむ高性能住宅は今や必須の国策となっているのです。

高性能住宅を建てることは私たちの健康の為、家族の為、そして地球の為になるのです。
家作りは私たちとこどもたちの未来に関わっていることがわかると思います。


ここまで読んでくださった皆様、ありがとうございました。
住宅に関してのお困りごと等ありましたら、お気軽にお問い合わせくださいね!

Contactお問い合わせ

有限会社日置住建│鹿児島県で住宅に関するお困りごとなら
新築・リフォーム・住宅設備・家屋解体・オール電化
アイホーム設計

FAX:0993-57-3213
ご依頼・ご質問はお気軽にお問い合わせください。